HOME>オススメ情報>大切なものを残しながら綺麗に片付けられる

一つ一つ確認しながら

男性作業員

故人が残したものは、案外量が多い場合もあり、なかなか遺族だけでは片付けられないということも決して少なくありません。もちろんいつまでもそのままにしておいても法的にも問題にはならないのですが、やはり少しずつでも片付けていくほうが良いとされています。福岡でも利用されている遺品整理は、そうした故人が残したものを遺族の代わりに片付けてくれるサービスとなっています。業者に連絡すると実際に作業する場所まで来てくれて、その様子を見てから作業に取りかかってもらう仕組みです。全てのものを捨てられてしまうのではなく、いるものかどうかを確認してもらえるので、勝手に何もかも捨てられるわけではありません。また処分だけでなく使えるものは買い取ってもらうことができるサービスが展開されている場合も多々あります。

実際に遺品整理を依頼する場合は、まずは訪問見積もりをしてもらい、実際に部屋や家の様子を見てどれくらいの費用がかかるか算出してもらいます。出来るだけその費用を安くしたいなら、自分で片付けられるものだけは片付けておくと、その分の処理費用を節約することにつながります。また、一つの業者に見積もりを出してもらうのではなく、費用が気になる場合は複数の業者に見積もりを出してもらうようにします。現在、福岡でも遺品整理を利用する人は多くいますが、その際は、全て業者任せにするのではなく、しっかりと書面でのやりとりをしておくと余計なトラブルが発生しにくくなります。

実際に作業を依頼した日にどうしても都合が悪くなってしまった場合は、分かった時点ですぐに依頼している業者に連絡をするようにします。福岡でもおこなわれている遺品整理は、ただその場に人が行けば済む作業というわけでは決してありません。その作業をする場所によっても用意すべきものが変わりますが、トラック代や人件費、また業者の移動で利用する高速代などの費用も発生します。だから当日ドタキャンしてしまうと、その分の費用を損害分として請求されることもあるので、当日キャンセルというのはできるだけ避けます。